試用期間後に「やっぱり不採用」というのはありえる?

自分にあった職種が分かりません。自分に合った職種の見つけ方を教えて下さい。

試用期間が終了した時点で不採用を言い渡されることは、可能性としては有り得ます。しかし、試用期間が終了した時点でそれを告げられ、「明日から来なくていい」というようなことは通常ありえません。

 

もしそのような形で不採用となるのであれば、解雇予告手当と呼ばれるものを、企業側はあなたに支払う義務が生じます。

 

解雇予告手当とは、雇用開始から14日以上経過した労働者に対し、即日解雇する場合に支払わなければならないもので、この場合、企業は労働者に対して30日分以上の平均賃金を支払わなければなりません。

 

もしこの解雇予告手当を支払わない場合は、解雇する30日前に予告をすることが義務付けられています。

 

質問から、30日前の予告はなかったと想像することができ、また、試用期間を2週間以内で終わらせることは通常考えられないため、もし試用期間後に「やっぱり不採用」と言われたのであれば、あなたには当然の権利として解雇予告手当を請求する必要が生じるでしょう。

 

そもそも、試用期間中も採用されていることに変わりはありません。つまり、試用期間後に本採用とならない場合には“不採用”となるのではなく、“解雇”となると解釈しなければならないのです。

 

また、試用期間が終了した途端に解雇するとしても、合理的な理由がなければなりません。企業側はそれを労働者側に説明する義務があり、それは客観的に見て、社会通念上妥当であると判断されなければ解雇することはできないのです。

 

「やっぱり不採用」と言われたら、それに相当するだけの理由があるかどうか、事前に予告があったかどうか、予告がなかったのであれば解雇予告手当は支払われたのか、これらの点に着目し、もし不当解雇であった場合にはしっかりとそれを企業側に主張するようにしてください。

 

その他の質問:
いつも書類審査で落ちてしまいます。書類審査に通るためのコツは何ですか?
人と接することが苦手な私でも就職することはできますか?
高校中退で就職するためには妥協は必要ですか?


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト