中卒がハローワークで就職

中卒でもハローワークに行くと、若い方の就職先は意外と見つかる。

中卒という選択肢

 

 もう、ずいぶん前から最終学歴が中学卒業という方は、本当に少なくなっており、様々な事情を抱えた方、または明確に目標を定めている方の選ぶ道となっていると思います。

 

 明確な進路を持つ方、例えば家業を継ぐための修行に入る、来て欲しいと望まれた就職先がある、などの方々は心配もありませんが、なんとなく進学したくない、何も考えられない、という心細い思いを抱えた方々に、紹介できる就職先が、進学できる高校を探すよりも難しい状況にあります。

 

 そういう社会情勢を考えると、中卒という最終学歴はやはりとても不利であり、将来は元より、就職する段階で大きな壁が立ちはだかってしまうのかもしれません。

 

 

中卒への就職斡旋

 

 就職することが難しいと言っても、中卒の人の就職先が全くないというわけではありません。学校が就職先を斡旋してくれなくても、ハローワークに行くと、若い方の就職先は意外と見つかるものです。条件が合わない、社員として登用してもらえないなど、難しい面があることも否めませんが、新卒のお若い方はそれなりに何か見つかる可能性が高いでしょう。

 

 何よりも若さという武器があります。社会で働くために必要な一般常識を備えていないなどはネックになるかもしれませんが、そうしたことも仕事を通じて覚えればいいと考え中卒を積極的に採用している企業も少なくはありません。

 

 昨今は、派遣社員というシステムでの就職が多く(この雇用形態で働くことを就職と呼ぶかどうかは別にして)、保障や継続雇用などの問題は中卒に限ったことではなく、国民全般が考えるべき課題でしょう。

 

中卒で就職すること

 

 私自身、中卒者であり、ハローワークで仕事を斡旋していただき入社できたという経験を持っております。

 

 会社の規模縮小もあり、結婚で退職しましたが、そろそろパートでも、と思い求人を探しましたが、パートアルバイトでも、中卒者の得られる仕事は限られていると感じます。年齢経験問わず、という仕事は体を使うハードな仕事の場合が多く、また、就業地域も限定されていることも多いようです。

 

 他の方々よりも、一足早く社会に出るという事は、一足早く、大人としての身の処し方を求められるということです。「早く社会に出ているだけのことがある」と、思っていただけるように、中卒だからと見下されないように気を使ってまいりました。

 

 この考えを、皆さんに押し付けるわけではありませんが、私たちの後に続く中卒者が働きやすいように、求人をしてもらえるように、きちんと働いていただきたいなと、心から思っております。

 

 

動かなければ始まらない就職活動

 

 一つだけ確かなことは、就職先というものは、動かなければ見つからないということ。向こうから仕事がやってきてくれるわけではありません。こちらから動かなければ、就職活動は何も始まらないのです。

 

 先程も言いました。ハローワークに行けば、中卒でも応募可能な企業が意外と見つかります。応募資格が「高卒以上」となっていても、応募が可能な求人もあります。そうしたことに関する相談に乗ってくれる職員もいます。

 

 中卒という学歴にコンプレックスを持つことは、同じ立場として理解できますが、それを乗り越えなければ仕事にありつくことはできません。ハローワークは仕事を探す場所。もし本当に就職する気があるのであれば、思い切ってその場所に訪れてみてはどうでしょうか。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト