フリーターでも問題ない!フリーター経験を活かした就職方法とは?

それまでにアルバイトしかしたことがないフリーターの人であっても、就職することはもちろん可能です。しかし、フリーターならではのハードルもあるのは確かであることは知っておきましょう。

 

そんなフリーターの人だからこそ知っておきたい就職方法を知っておきましょう。

 

内部雇用の存在

現在フリーターとして働いているならば狙って行きたいのが「内部雇用」です。アルバイトなどで働いている企業にそのまま正社員などとして採用されるのが内部雇用であり、内部雇用のケース自体は格段に増えてきています。

 

内部雇用する企業としてもあなたの能力についてよく知っていますから、雇用者と企業のミスマッチが起きにくいメリットも有ります。

 

何より内部雇用者は現場を知っていますから、新しく人を採用する場合に比べて余計な研修もいらなくなることも企業によってはメリットです。

 

とはいえ、内部雇用がある職場はそこまで多くありません。やはり正社員として採用するならば正社員枠として求人を出すのが一般的だからです。そのため、内部雇用を狙うならば最初から内部雇用制度がある企業で働いていくようにしていくと良いでしょう。

こういった内部雇用は

  • 「上司などから声がかかって内部雇用者として採用される」
  • 「内部雇用制度に自分から応募する」

のどちらかによって利用することがほとんどです。特に前者であれば特に採用テストなどもないこともしばしば。

一方、社内の内部雇用制度に応募する場合、「某社のアルバイトとして●年以上の経験がある」といった制限が課せられれていることがほとんどです。また、採用テストも受けねばならず、時間もかかりやすくなっています。

 

そんな内部雇用ですが、注意点があることも知っておきましょう。

例えば、内部雇用によって正社員として採用されても、社会保険や給料なども全く変わらないことがあるからです。逆に仕事量だけ増えただけで終わってしまうこともあります。だからこそ、内部雇用の雇用条件をしっかりと確認してから応募するようにしましょう。

 

フリーター経験が逆に活きる業界とは?

業界や職種によってはフリーター経験が重視されるようなこともあります。こういった業界であればフリーターとしての経験も全く無駄になりません。

 

例えば、アパレル店に就職する際にはフリーター経験が活きてきます。

他の店舗などでフリーターとして色々な知識や経験を身につけておけば、アパレル店の正社員求人に応募する際にも前向きに評価されるのです。

 

このようにフリーター経験が有効活用できることもありますから、フリーターとして働く業界を選んでみるのも良いでしょう。

 

完全未経験求人の存在

フリーターであっても問題なく就職できるのが完全未経験求人です。こういった完全未経験求人はフリーターであれ通常の転職者であれ問題なく申し込むことができます。そのため、フリーターならば是非ともこの完全未経験求人を活用してみると良いでしょう。

 

フリーター経験を面接などで活かす

フリーターだと一般的に就職は難しいと思われがちですが、こういったフリーター経験を逆に武器にすることもできます。

例えば、フリーターならではの武器の一つが「コミュニケーション能力」です。

フリーターとして色々な職場で働いたことがある人は色々な状況に対応する必要性からコミュニケーション能力が高いもので、こういったコミュニケーション能力の高さを面接でも自分のスキルとして主張していくことができます。

 

数年以上働いたことがあるなら「物事を継続していける人」と認めてもらえることも

また、アルバイト先で他の人をまとめていた経験があるならば、「リーダー経験がある」として自分の武器としていくことができます。

このようにフリーター経験によっても活かせるものがありますから、まずは自分のフリーターとしての経験を振り返ってみる事が大事です。逆に「フリーター経験は就職に役立たない」と思い込んでしまうと、それまでのフリーター経験が本当に無駄になってしまいかねません。

 

まとめ

フリーターの人に知っておいてもらいたい就職のコツを紹介しましたが、特にそれまでのフリーター経験を見つめなおしてみることはおすすめです。こうすることで自分に最適な仕事も見つけやすくなるでしょう。是非とも記事で紹介したようなコツを参考にし就職を成功させていきましょう。

 

フリーター就職のコツ

  • 内部雇用を活用する
  • フリーター経験が活きる業界で就職する
  • フリータ経験を武器にする

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト