履歴書が寂しい?そんな悩みを解決できるおススメ資格ベスト5

就職活動中の皆さんは、履歴書に書ける資格を持っていますか?意外と資格や免許を持っているという方が少ないのではないでしょうか。

 

そうなると、履歴書が少し寂しくなってしまいますよね。今回は、履歴書に書ける、かつ、就職に有利だといわれている資格を紹介させていただきます。

 

調剤薬局事務

調剤薬局事務は、調剤薬局において、処方箋の受付や会計、請求業務などを行う仕事です。実際に調剤を行うのは薬剤師の資格がいりますので、調剤は行いません。薬剤師のサポート役と捉えていいでしょう。

 

調剤報酬請求事務(レセプト作成)も重要な仕事の一部ですので、専門知識が必要です。処方箋の受付や会計をすることから、接客も業務の一部になります。

 

比較的合格率の高い資格で、かつ、調剤薬局は町に必ずありますから、就職に有利とされています。

 

保育士

比較的合格率は低いものの、将来子どもが出来た時に自分のためにもなる資格として人気の資格です。また、保育所や子ども園、無認可施設などで働くにせよ、保育士資格があるのと、ない状態で働くのでは給与が違うケースがほとんどです。

 

保育士のサポートとして、アルバイトやパートでは資格なしで働くことも可能ですが、正社員になるには必ず資格が必要となります。

 

今は保育士の人手不足が社会現象にもなっており、地域によっては保育士への待遇が様々で、自治体によっては家賃補助などの援助を受けられる場合もあります。

 

医療事務

医療事務は、病院や診療所で医療にかかわる事務全般を行います。診察券の確認や電話対応、受付窓口の対応などがあるため、接客も業務の一部です。

 

そのほか、調剤薬局事務と同様に、診療報酬明細書の作成(レセプト作成)も必要ですので、医療費の計算方法などの専門知識が必要です。

 

業務自体は座って行うところがほとんどであるため、年齢を選ばずに働けるところが一番人気の理由です。年齢を重ね、体力がなくなってしまっても、知識を蓄えていれば働き続けられる職業に就くことが有利になります。

 

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

世界共通のパソコンソフト、マイクロソフトオフィスのExcelやwordなどのスキルを証明できる資格です。今では通信講座や、パソコン教室などでも、この資格に特化した学習プログラムなどもありますから、比較的取りやすい資格となっています。

 

企業で働く人間にとって、マイクロソフトオフィスを使いこなすのは当然のこととして求められますから、この資格があると即戦力になりやすいことをアピールでき、就職活動に有利になります。

 

調理師

レストランやホテルなどで料理を作る仕事です。学校の給食や病院の食事を作ることも出来る資格です。

 

基本的には調理師の免許がなくても料理をする仕事に就くことはできますが、調理師は国家資格ですので持っているのと持っていないのでは歴然の差が出ます。

 

また、学校の給食を作る仕事などは比較的時間の拘束も短く、安定的に働けることから、人気の資格の一つです。

 

ランキング:2015年1月〜2016年2月のAllAboutリスティングプラスページでの案内資料請求数によるランキングより
https://allabout.co.jp/product/100717/230547.htm#st01

 

【それぞれの資格の合格率】
では、それぞれの資格の合格率を見てみましょう。以下の表にまとめましたのでご覧ください。

資格 合格率 出典
調剤薬局事務 50% http://調剤薬局事務資格取得.net/entry8.php
保育士 10〜20% http://careergarden.jp/
医療事務 60%(科目により変動あり) http://careergarden.jp/
マイクロソフト オフィス スペシャリスト (MOS) 80% http://mosget.com/mos/nanido.html
調理師 60〜65% http://careergarden.jp/

 

保育士以外は比較的高い数字で合格されているのが分かりますね。保育士の資格を取る人は大体が保育学科の短期大学を卒業して、卒業と同時に資格認定を受けているケースが多いです。

 

そのため、どうしても個人で通信などを利用して取得するには少し難易度が高い資格にはなっています。とはいえ、それ以外の資格はすべて50%を超えている、つまりは二人に一人受かる計算になります。

 

それぞれ必要な勉強日数は異なりますが、就職活動の合間時間や移動時間を上手く活用して、資格取得に励むとより有利に就職活動を行うことが出来るでしょう。

 

まとめ

いかがでしょうか?就職活動をする場合、アピールできるポイントは「自分には何が出来るか」をいかに説得的に企業に伝えていけるか、ということだと思います。

 

また、面接でそれを伝えようにも履歴書の書類選考で選ばれなければお会いすることすらできません。そんなとき、会わなくても自分のスキルを最大限にアピールできる、証明できるのは履歴書の「資格欄」です。

 

就職活動自体も大変だとは思いますが、一度資格取得にも目を向けてみてはいかがでしょうか。


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト