就職する上で重要なのは?働く上で抑えておきたいポイント

就職活動を行う場合、単になりたい職業を目指すだけでは就職はうまくいかないことがあります。

 

夢や希望を持ち就職活動を行うことも大切ですが、実際に就職した場合には給与や労働時間、待遇面や福利厚生など生活に関わることも多数出てきますので、それらのことをきちんと考えて就職することが重要です。

 

就活前に確認しておくべきこと

就職活動を行う前に必ず確認しておくこととしては、自分が入社を目指している企業がどういった企業であるかを正しく判別するということです。

 

現在大手企業であっても入社すれば一生安泰ということはありませんし、お手だから待遇面などで他の企業よりも良いとは限りません。そのため実際に同じ業種の中で企業を比べて見ることが必要で、その中で総合的に良いと感じられる企業を選ぶという作業を行うことが重要です。

 

基本的には求人情報を見て内容を確認することになるわけですが、求人情報にはある程度の情報しか記載されていませんし、企業の不利になるような情報は一切記載されていません

 

そのため求人の情報を鵜呑みにするのではなく、求人情報も企業を知るうえでの情報の一部と捉える必要があります。企業のことを知るためには企業のHPやOB訪問などを行いその中で自分の目と耳で集めた情報を元にその企業を就職先として選ぶかどうかを決めることが重要といえます。

 

OB訪問は今現在の企業を知る上で重要

就職活動を行う場合には必ずOB訪問をする必要があります。もちろんOB訪問をしなくても就職活動は行えますが、OBを訪問することで得られる情報は何物にも変えがたいとても重要な情報であり、今現在の企業の状態を知るためには必要不可欠なものといえます。

 

OB訪問することで実際の仕事はどのようなものなのか、求人に記載されていた情報と実際の企業ではどのような差異があるのか、その企業で働くことのメリットややりがいはどうなのかといったことが最も新鮮な情報として得られることになります。やはり今現在その企業で働いている人の話が最も信頼性が高く重要な情報だと言えますので、OB訪問を行い企業の内部のことをしっかりと熟知することが重要です。

 

特にOB訪問では企業内の雰囲気なども明確に知ることが出来ますし、その企業の将来性などもOBとの話の中で知ることが出来ますので、聞きたいことを事前にまとめた上でOBに聞くことで就職活動がより一層スムーズに行えるでしょう。

 

何を目的で企業を選ぶかもポイント

就職活動を行う場合、何を目的で企業を選ぶかも大きなポイントとなります。

 

例えば給与を目的として企業を選ぶのであれば仕事がきついのは我慢する必要がありますし、残業などもある程度は目を瞑らなければいけない可能性もあります。福利厚生や休日などの充実を重視するのであれば、その代わりに給与が少なくなる可能性もあります。

 

仕事にやりがいを求めるのであればやはりワンランク上の企業を目指す必要があり、そのためには就活での競争率なども厳しくなることを理解しておくことも重要ですので、自分が就職に何を求めているかを明確にしておくことも就活で失敗しないためには必要なことといえます。

 

給与も待遇も休みもやりがいもと全てを求めてもそれを満たせる企業と言うのはほとんどありませんし、全てが揃っている企業の場合その企業を目指す自分自身のスキルや能力などもかなり高くなければ就職は難しいと言えます。

 

そのため理想を追い求めるよりも一旦現実を直視して、自分のスキルなども考慮した就職活動を考えるということも就活を成功させるためには必要不可欠なこととなります。欲張りすぎず目的を決めて企業をチョイスするようにしましょう。

 

まとめ

就職活動を行うことは自分の将来にも関わる重要なものです。そのためただ漠然と就活を始めるのではなく、きちんとスケジュールを組むことと自分が何を目指しているのかを考えて企業選びを行い、できる事は全てやりつくし就活に望むようにしましょう。


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト