面接で心がけるポイントは難しくはない!人事の立場で考えよう!

就職の際、もっとも多くの人が緊張する点といえばやはり面接なのではないでしょうか。新卒学生にせよフリーターや既卒、あるいは転職も含めてよいかもしれませんが、面接は自分自身を判断してもらう場です。

 

履歴書や職務切れ期初、エントリーシートは自分で作成しなければならないものではありますが、いくらでも時間をかけられます。失敗したと思ったらやり直せば良いのですが、面接の場合失敗は許されません。「今の発言はなかったことに」とはいきません。

 

リアルタイムで相手に判断されるので緊張してしまうのも無理からぬ話ではありますが、面接を難しく考えれば考えるほどプレッシャーがかかるものです。あれこれ考えて結局自分の頭の中で泥沼になってしまうという人だっているでしょう。

 

ですが面接は決して難しいものではありません。むしろとある点を考えるだけで面接への考え方が大きく変わるはずです。ではそれは何かといえば、「人事の立場」です。

 

自分が人事になったとして考えてみよう

面接を試験のように考えている人もいるのですが、面接は試験ではなく、あくまでも人となりを判断されるものであって、正解も不正解もありません。自分を判断してもらう場なのです。これが大前提としてあるのですが、ではその際、何を見るのか。

 

ついつい「良い部分を見せよう」「失敗しないように」といった気持ちばかりが先走ってしまうのですが、深く考える必要はありません。

 

「自分が人事なら」という立場で考えれば、面接で何が求められるのかも見えてくる

しどろもどろに話す人と堂々と話す人。しっかりと会話出来る人と、まるで覚えてきたことを忘れないように吐き出すかのように喋る人。どちらの方が良いのかなど言うまでもないでしょう。

 

あまりにも「面接だから」ということで力んでしまう人が多いのですが、もしも自分の元に面接にやってきた人が力み過ぎていたり、緊張しすぎて何を喋っているのか分からないような状況だとしたら「雇おう」という気持ちにはならないでしょう。面接を試験のように考えているからこそ力んでしまうのであって、人事の立場になって考えてみたらどのようなスタンスが良いのか分かるのではないでしょうか。

 

出来るというアピールは程々に…

面接の際、どうしても自分の良い所をアピールしたいと思うのは人情です。そのためどうしても「自分はあれが出来る」「これが出来ます」といった形でアピールしてしまいがちです。アピールそのものは悪いことではないのですが、そもそもまだ会社に入っていない段階であれこれ「この会社に入ったら」といったアピールはあまり得策ではありません。

 

もしも自分が面接の人事だとして面接にやってきた人間が「何でも出来ます」「会社のことなど分かっています」といったスタンスではあまり良い気はしないのではないでしょうか

 

それよりも「この会社で頑張っていきたい」「頑張るための覚悟は出来ている」といったスタンスの方が良い印象を与えられるでしょう。アピールは悪いことではないのですが、間違ったアピールをしても悪印象を与えるだけです。正しいアピールを心がけることもまた、とても大切なのです。

 

結局は人間的な部分です

面接に臨む際、どうしても自分の良い部分をアピールしたいという気持ちから、先の項ようにあれも出来る、これも出来るといったアピールをしてしまいがちですが、能力はある程度分かる部分もあれば、実際に入社してみなければ分からない部分も多々あります。

 

人の話を聞けるのか、人としての部分

結局は社会人云々よりも「人として」の部分を判断されるのは言うまでもありません。どうしても「能力」をアピールしようと考えてしまいがちなのですが、入ってみなければ分からないのです。

 

特に新卒の場合、即戦力を求めているのではありません。将来性を見込みたい以上、「あれも出来る、これも任せて下さい」といった具体的な話よりも、理想論でも良いので自分自身がどのような人間なのか。どのようなビジョンを持っているのかをアピールした方が断然好印象なのです。

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト