なかなか切り出しにくい待遇面の質問も勇気をもって確認を

転職する際には、必要書類を送付して応募し、面接を経て採用が決まるというのが最も一般的な流れです。

 

事前に応募する企業の情報を分析した上で、応募されると思いますが、詳細の労働条件に付いては、わからないことも多く、質問したいことが多々あると思います。ですが、面接の段階にならないと先方とコンタクトすることができず、結局面接の中で質問をする事になってしまう事が多いと思います。

 

面接は緊張している場所ですし、採用して欲しいと願う気持ちから、面接の場で必要以上に待遇面についての質問を躊躇してしまうこともあるかと思います。
ですが、ご自身の将来がかかっていますから、仕事の中身と共に、待遇面をきちんと把握することも大事な事です。

 

当然詳しく確認したい事ですが、以下の三つの側面については、できる限りの事実を確認して下さい。

 

 

何と言っても給与体系

給与は最も大事な待遇です。

 

基本給、手当、賞与の有無と直近実績、昇給制度、残業手当、休日出勤手当、住宅手当、通勤交通費、その他手当。これは必須の条件ですから、応募条件として公開されていると思いますが、気になる点を再確認しましょう。

 

やはり最も気になる点は基本給です。

中途入社社員なので、応募して来る人材の年齢もまちまちですから、応募条件にも基本給額は幅を持って記載されている筈です。
ご自身が入社したらいくらの基本給になるのか、聞きにくい事ですが、しっかり確認をして下さい。

 

残業と休日出勤

勤務時間の定時と週休は明確だと思いますが、配属予定の職場では、実態としてどれだけの残業が常態化していて、休日出勤の実態もあるのか無いのか、確認するべき事です。現在の職場の長時間残業が嫌で退職したのに、再就職先でも同じ様に長時間残業や休日出勤があるのでは、転職した意味がありません。

 

人事担当者が本当の事実を言うかどうかという恐れはありますが、きちんと確認しておきましょう。

 

転勤について

福利厚生は概ね応募条件に記載されている事で十分把握できると思いますが、人事異動の事も確認しておきましょう。転勤が問題無い方は宜しいのですが、個人的な理由で転勤を希望しないのであればこの点は重要な問題です。

 

仕事の内容、給与待遇面は申し分ないのに、転勤がある事で断念しなければならないのだとすると、大きな問題です。場合によっては待遇が上がらない制約付で転勤しない選択をできる企業もありますから、転勤不可の方は、きちんと確認をしておきましょう。

 

まとめ

面接の現場で、どこまで質問できる時間が頂けるのかわかりませんから、質問したい内容の優先順位を決めて面接に臨んで下さい。

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト