中卒で就職する人たちのよくある悩みご紹介。後悔しない就職の方法。

中卒で就職する人たちのよくある悩みをご紹介。後悔しない就職の方法を教えます

 

中卒での就職を目指す人たちが抱える悩みとは?

 

中卒での就職を希望している人はどのようなことに悩みや不安を感じているのでしょうか。
他の人が中卒就職で感じる悩みや不安は、自分が就職活動をする中でも感じる可能性が非常に高いです。
そのため、就職活動でどういった悩みや不安が生じるのかを知ることは、自身の就職活動においても役に立つと言えるでしょう。
今回は、様々な中卒の人がインターネット上に投稿した就職に関する悩みや不安を取り上げて、それらにどう対処すれば良いかをお伝えしたいと思います。

 

中卒での就職を目指す人たちが抱える悩みとは?
中卒での就職は他の学歴の人に比べて難しくなりがちだということは、すでに理解している人も多いでしょう。そのような中、実際に中卒での就職活動に取り組んできた人は具体的にどのような不安や悩みと向き合いながら就職活動を進めてきたのでしょうか。

 

就職ができない

まず一つ目のよくある悩みとして、そもそも就職ができないという相談がよく見受けられます。
いくつかの相談を抜粋して以下に記載しましょう。

「今まで10社ほどアルバイトの面接を受けてきましたが採用されません。」
「なぜ中卒ってアルバイトも無理なのでしょうか?」
「アルバイトの面接が受かりません。コンビニのバイトもダメでした。」

このように、アルバイトですら全く採用されない、10社も面接を受けてもどこからも採用されなかった、という相談が現実にあります。そしてさらに言えるのは、こうした「そもそも就職できない」という話が少なくないことです。
中卒で就職を目指すということは、常に不安と隣り合わせであることを意識しておくべきでしょう。そして、他の学歴の人に比べて就職できるどうかの不安が元々大きいだけあり、実際にその厳しさを経験して中卒という学歴を後悔する人がいるのもまた事実です。

 

再就職の難しさ

たしかに中卒での就職は楽なものではありませんが、誰もが就職できない状況にいるというわけではありません。もちろん中卒でもしっかりと就職をした人も当然いるのです。
しかし次のように、就職はしたものの退職し、その後の再就職がなかなか決まらないという意見もあります。

「高校中退後、工場や接客で仕事をしてきたのですが、今は辞めて仕事をしていません。」

中卒であれば、まだまだ社会のことを知ろうとし始めた年齢になるでしょうから、様々な経験を積むために仕事を変えるというのは一概に悪いとは言えないでしょう。
しかし注意しておきたいのは、仕事を辞めたとしても、何もしていない空白の期間を作らないようにするということです。
空白の期間が長いと就職に不利になるのはどの学歴でも同じです。ましてや中卒であれば空白期間が長ければなおさら就職は難しくなってしまうでしょう。

 

こういった声もインターネット上で聞かれます。

「コンビニの面接もダメでした。受からないのは4年の空白が厳しいようです。」
「10年近く何もしていません。バイト経験すらありません。このまま歳を取るのが怖いです。」

空白期間が長ければ就職に不利になるだけでなく、社会に一歩踏み出すことへの不安が生まれるのです。そしてその不安が社会に出ることをさらに遠ざけてしまいます。

 

学歴のコンプレックス

次に、中卒という学歴に対する悩みについて見てみましょう。
中卒であるというコンプレックスは就きたい仕事が見つかった人に多いように思われます。というのも、興味のある職業に就くために資格を取りたいが、高卒以上でないとその資格試験を受けられないということがよくあるためです。その他、就きたい職業に就くためには高卒の方が有利になるのではと考えることから、中卒という学歴でいることに悩みだす例もあります。

「通訳ガイドや旅行関係の仕事がしたいです。もう一度高校に通って高卒の資格を取った方が良いでしょうか。」
「バスガイドに転職を考えているのですが、やはり中卒では難しいでしょうか?」

社会に出て働き出すと、自分がしたい仕事が少しずつ見えてくるようになるものです。しかし中卒で就ける職業は限られるのが現実としてあります。そのため、働く内に自分のしたい仕事が見えてきたけれども、中卒ではなることが難しいのではないか、という不安が出てくるのでしょう。

 

給料の安さ

最後に、給料についての悩みをご紹介します。
たしかに中卒で働いた場合の給料は安くはなってしまいますが、月給で給料をもらえる人であれば一人暮らしができる程度には給料がもらえるはずでしょう。
しかし、結婚をして自分の給料で家族を養うとなれば話は違います。結婚を考える相手が出てきた場合に、中卒である自分の給料について不安を感じる人は少なくないようです。

「工場で働いていますが給料が安いです。今まではそれでも良かったですが、結婚したい人が出てきてから、勉強せずに中卒となったことを後悔しています。」
「付き合っている彼女がいますが、収入が安定している職業でないと相手の親から結婚を許してもらえません。」

就職した当時は安い給料でも自分が生活できれば良いと考えていた人も、年齢を重ねると自分も家族を養う立場になっていくものです。そうした状況の変化が生じた時に、悩みや将来の不安が生じるのでしょう。

 

後悔しないためにできること

これまでは、中卒で働くことについての様々な悩みや不安を取り上げてきました。
次からはそうした不安や悩みが出てきた時、始めから順調に進めるためにはどうすれば良いかをお伝えしましょう。

 

就職に関する悩みを持っている方に共通して多いことが悩みや不安についての相談相手がいないということです。実際に悩んでいる人の投稿の一部をご紹介しましょう。

「言葉遣いや態度に気を付けていますがアルバイトにも採用されません。自分なりにインターネットなどで履歴書の書き方や面接での対応を調べながら頑張っているつもりです。」
「働きたいです。ハローワークってどういうところなのでしょうか?」
「就職するための知識はどこで手に入れるのですか?」

これらのように、就職の窓口と言っても良いハローワークのことを知らない人や、自分流で就職活動をしている人がうまく就職できていないように見受けられます。

 

就職するということは、企業から選んでもらうということです。そのため、自分は面接する人からどう見られているのかを知ることが大事なのですが、それは自分だけではわかりません。
他の誰かに見てもらうことで、初めて自分がどう見えているのかを知ることができるでしょう。

 

就職についての情報を得るため、自分がどう見えるのかを知るためにも、相談者を見つけて就職活動を進めることが大事になるのです。相談者は身近な大人でもいいですし、ハローワークなどの就職をサオートしてくれる職員の人でも良いでしょう。

 

このように相談できる人を見つけるということは大事なことなのですが、以下のように、就職や仕事の悩みの相談先がいない人は非常に多いようです。

出典:平成24年度「子ども・若者白書」

 

そして以下は、就職に悩んでいる若者が誰かに相談した結果どうなったかをまとめたアンケート結果です。

出典:平成24年度「子ども・若者白書」

 

相談した結果、「就職先を選ぶ参考になった」「自分の考えや気持ちの整理がついた」という良い意見が多くあるのがわかりますね。
そして誰かに相談するということは、「転職したいが学歴がコンプレックスになっている」や「給料が安くて困っている」という悩みや不安を解消することにもつながるのです。

 

まとめ

自分だけで考えていては、自分の知っている知識や経験の範囲でしか答えは出ません。相談することで他の人の持っている知識や経験を自分の中に取り入れることができるため、相談した結果の中にもあります「自分の考えが広がる」ことにつながるのです。

 

相談した相手が、たとえ中卒だとしてもあなたの就きたい仕事に就職する方法を知っているかもしれません。また今までの経験を活かしてより高い給料がもらえる仕事を知っているかもしれません。

 

自分だけで抱え込まずに、周りの協力も得ながら就職先を探したり働き続けたりすることが、後悔しない就職や仕事につながるでしょう。


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト