就職できたけど失敗だったと思ったら

失敗の原因と対策を考える

中卒のあなたが、正社員就職するのは、とても大変なことだったと思います。ですが、学歴不問・未経験者OKの採用を進める企業の中には、少なくないブラック企業が隠れているのが現実です。

 

もし、中卒のあなたが正社員就職したにも関わらず、「失敗したかも…」と思ったら、まずその理由をしっかり考えてみましょう。その原因が、あなたの社会人基礎力のレベルの低さや、高卒以上の学歴のひととの給与格差などだとしたら、一人前に仕事ができるようになるまでは、我慢するしかありません。

 

それは、ほかの企業に転職しても、同じように起こることだからです。ですが、自分が就職した企業がブラック企業だったとしたら、心身を壊される前に、退職するのも選択肢の一つです。

 

ただし、きちんと会社とも話し合い、筋を通して退職できるようにしましょう。

 

 

ブラック企業にひっかからないために

転職活動で、同じようにブラック企業につかまらないためには、求人票の見方を覚えておくことが大事です。

 

社員数の割に募集している人数が多かったり、広告に「やる気」「意欲」という言葉が羅列していたり、短期間で何度も求人広告を目にする企業は、ひとの出入りが激しいことが予想されます。

 

きちんと企業研究を行い、ブラック企業で無いかどうかを、調べてみましょう。

 

インターネットで「転職会議 企業名」と検索すると、過去の退職者のコメントを読めるページがヒットすることがあります。そこに書かれていることは主観ですが、退職者の生の声を知ることで、ブラック企業かどうかを見極める一助にはなります。

 

自分が働きたい職場や仕事内容を具体的にイメージして、応募企業でそれが実現できるかどうかを考えて、求人を探しましょう。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト