ニートから本気で抜け出すためには?

1.日本国内には約60万人のニートが存在

 ここ数年で急増しているフリーターやニートですが、政府が2012年度の15〜34歳の若者を対象に行った調査では、日本国内にはフリーターが約176万人でニートの数は約60万人と推定されます。

 

 フリーターは2003年に217万人になりその後の5年間は連続で減少していますが、一方のニートの数は緩やかですが増加を続けています。ニートになる原因ですが学校での苛めなどから引きこもってニートになるケースから、学校を卒業するまでに就職先が決まらずにそのままニートになる場合もあります。

 

 

2.行動を起こすことが大事

 ニートになる原因も人それぞれですが、ニートから本気で抜け出すことは決して容易なことではありません。政府でもさまざまなニート対策を行っていますが、最後には自分で本気で今の生活を改め働こうとする気持ちが大事です。そうでないと幾ら回りが働く環境を整えても、何も変わることはありません。

 

 ただ少なくと今これを読んでいるニートのあなたには、ニートから本気で抜け出す気持ちがあるはずです。後はそう本気で思ったら、行動を起こすことです。ただ何から始めていいのかが、分からない方が多いのは事実です。

 

 

3.ニートの就職を支援サービスを利用すること

 そんな時はまずニート向けの就職情報サイトなどから、情報収集することをお勧めします。ニート向けの就職情報サイトには仕事の求人情報だけでなく、ニートから抜け出すための心構えや準備なども詳しく書かれています。いきなりニートからハローワークや求人誌などで、就職活動を始めるには少しハードルが高すぎます。特にニートの方にお勧めなのが、就職支援サービスを利用することです。就職支援サービスの中には専任の担当者が面談を行い、ニートの方の就職活動を親身になって全て無料で支援してくれるところがあります。

 

まとめ

 ニートから抜け出すことは確かに容易なことではありませんが、何時かは働き始めないと一生ニートを続けるわけにはいきません。ただ行動を起こすといっても、一人で就職活動を始めるのはやはり大変なことです。そのためにも就職支援サービスを上手に活用することで、あなたの就職の支援を親身になって行ってくれるはずです。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト