フォークリフト運転者の資格

フォークリフト運転者の資格

フォークリフト運転者とは?


 フォークリフト運転者とは、工場や市場、港湾施設、貨物駅など大量の貨物が行き交う場で使用される、重い荷物などを運搬するための特殊自動車フォークリフトを運転する技師のことです。

 

 トラックや貨物列車、船舶などの貨物車両と倉庫などの荷物置き場を往復し、荷物の運び出しをする車両です。荷物の下部にフォークと呼ばれる器具を差し込むことで荷物を持ち上げ、油圧機構でフォークを上下させることで直接貨物車両へと荷物を運ぶことができます。
 小回りの効く小さな車体は利便性が高く、最近ではホームセンター等の大型商業店舗での活躍も増えています。

 

 

フォークリフト運転者の資格を取る方法とは?

フォークリフト運転者の資格を得るには、教習所でフォークリフト運転技能講習を受講し修了する必要があります。

 

 自動車免許の有無、所有している自動車免許の種類によって講習料や必要受講日数が異なり、教習所によって受講コースも様々です。全国各地に様々な教習所があり、例えば宇都宮市の某教習所では、普通自動車運転免許所有者の場合4日間、38,300円の講習料となっています。
 通常特殊車両の運転免許を取得する際は助成金が得られますが、フォークリフト運転者には適用されないため注意が必要です。

 

フォークリフト運転者を取るメリットとこれによって有利になる職種など

 最大荷重が1t未満のフォークリフトであれば、免許所持者から指導を受けることで無免許でも運転できます。

 

 ただしこの場合指導者が居ない場合や最大荷重1t以上のフォークリフトの運転は許可されておらず、また車種によっては運転の制限も設けられています。
 免許を取得すればこれらの制限に関わらず全てのフォークリフトの運転ができ、フォークリフトを使用する倉庫作業員などの求人では、有資格者のみの採用を行っている企業も多く見られます。
 また指導者として無免許者の指導も可能になるため雇用先での待遇の向上が期待できます。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト