電気工事士の資格

電気工事士の資格

電気工事士はどんな資格なのか?

 電気工事士の資格は、新築の家に電気を引いたり、災害などで電柱が倒れた時の修理・保安など様々な仕事をする事が可能になる仕事です。

 

 電気工事士には第一種電気工事士・第二種電気工事士の二種類があります。オール電化の取り付け・エアコン工事・イルミネーション工事・太陽光発電などの仕事をする事が出来るので、電気工事士はとても重宝される資格です。

 

 工具を使ったり力も必要とされますが、女性で電気工事士の資格を取る方は増えてきていますよ。

 

 

 

取得するにはどうすればいいか?

 第一種・第二種電気工事士の資格を取得するには、幾つかの方法があります。

 

 まずは、通信講座などを活用する事です。学科では計算問題から、器具の名前・使い方・配線図などの勉強をします。実技は制限時間内に配線を作る事が出来ないと合格する事ができません。自分で電気書院のテキストを買って勉強し、専門学校で実務講習を受けることも出来ます。

 

 また、電気関係の職場で資格を取らせてくれる所を活用する事も可能です。自分に合うものを選ぶようにしましょう。

 

 

 

就職するときにどんな職業が有利になるか?

 電気工事士の資格は、電気工事会社に就職するときに有利に働きます。

 

 特に比較的取りやすい第二種電気工事士の資格は、住宅建設関係の電気工事会社に必要な資格です。家の配線を行ったり、エアコンを取り付けたり、新築の家に電気を引いたりする仕事がメインとなります。オール電化の取り付けに役立ちます。電柱などの漏電を直したりする仕事の場合は、第一種電気工事士の資格と実務経験があると就職に有利です。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト