就職するなら試用期間のことを知っていて当たり前

試用期間の肝は“雇用契約”であること

 

 試用期間というのは、何も難しいものではありません。企業と労働者との相性はどうか、という点を中心に、主に企業側の視点で確認していくための期間と考えておけばオッケーでしょう。

 

 試用期間の概要と同時に知っておきたいのが、この制度の肝となる部分。それは、この制度が“雇用契約”であるという点。もっと言えば、雇用契約の中でも長期雇用を前提としており、期限を定めずに雇用することが約束された契約であることが最も重要なポイントとなるでしょう。

 

 こうした雇用契約を結んだ上で試用期間があるわけですから、試用期間中も正当ではない、あるいは社会的に見て非常識と思われる理由等で解雇をすることは認められないのです。

 

 

試用期間として妥当な期間と待遇

 

 試用期間を用意している企業へ応募したり入社する時には、その間の待遇や、それがどの程度続くのかは気になるところだと思います。

 

 あくまでも一般的な話になりますが、試用期間は3ヶ月から6ヶ月の間に設定しているところが多く、この6ヶ月という期間を超えるところはごく少数。ただ、もう少し研修期間が必要であるとか、労働者のことを見極めるために時間が必要だと企業が判断すれば、労働者との合意を経て、この期間を延ばすことも可能です。
 それを考えると、半年以上試用期間を経験することもあるのかもしれません。待遇に関しては千差万別。若干待遇が下がるところもあれば、試用期間中と本採用後の待遇が全く同じところもあります。

 

試用期間の有無や内容はいつ確認するべきか

 

 自分が入社を希望している企業に試用期間があるのかどうか、あるとしたらその内容はどのようなものとなっているのかの確認は、早くしておくに越したことはありません。

 

 ベストな確認のタイミングは、面接時です。求人情報にこと細かく書かれていない場合には、必ず面接で確認しておくこと。求人情報に書かれていても、人によって、例えば中卒のあなたと高卒の新入社員では試用期間の内容が異なるなどがあるかもしれませんから、それを確認する意味で面接時に担当者に尋ねておくようにしましょう。

 

 

<まとめて読んでほしい記事>


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト