長くやるために入社での大事なポイント

マナーは守って行動しよう

 入社して働くことになれば、その企業の規則に従って働くことになります。しかし規則の他にも企業というものには一般的に知られている守るべきマナーも存在します。

 

 遅刻や無断欠勤をしないことを始めとして、何かあった時は連絡を入れるといったものまであります。
 当然といえば当然ですし、社会人としては当たり前のことなのですが、この当たり前のことができているかどうかというのは、とても大切なことになってくると思っておくべきでしょう。

 

 実際にマナーを守らずに行動すると段々とその企業にいづらくなり、折角入ったのに短期間で辞めることになってしまう、ということにもなります。

 

 長続きをするためにはそのようにマナーを守るということがポイントとなるのです。入社前に調べることも可能なので、内定が決まったら入社日までに調べておきましょう。

 

 一般的に知られている守るべきマナーの他にも、一般的には知られておらず、しかもその企業の就業規則にも書かれていないマナーやルールというものも存在しているはずです。
 それはなかなか把握することが難しく、働きながら覚えていくものでもあるのですが、これをいち早く身につけることができれば、その会社での居心地も良くなってくるでしょう。

 

 先輩や上司に注意されたり指摘された時には、「なるほど、これがこの会社のルールか」と察知し、同じ注意や指摘をされないようにする、その意識を是非、強く持っておいてください。

 

 

人間関係にも気をつける

 仕事というのは大抵は個人ではなく複数でするものです。あなたが就職する先でも、恐らくそうでしょう。
 ということは人間関係も大事となってくるものです。中卒となれば自分以外は全員年上になるはずなので、そうした先輩や上司からの助言はしっかりと聞くようにしましょう。

 

 しかし聞いても本当にその通りにするのではなく、自分で考えて解釈することも大事です。実際に人間関係は仕事を長続きさせるためには大事なポイントであるからです。

 

 ただ問題としては自分は問題ないが、他人に明らかに問題がある態度を取ってくる人間がいることです。この場合には自分だけで解決するのは難しいので上司や他の先輩に相談するなりしましょう。

 

 人間関係でいえば、職場以外での付き合い方にも注意しておきたいところ。
 就職したのにもかかわらず、職場の人と食事に行かないなんてことはないはず。新入社員は必ずと言っていいほど仕事終わりなどに食事に誘われるでしょう。もしお酒を飲める年齢なのであれば、そうした機会はさらに多くなると思います。

 

 人間関係というのは、こうした職場以外で作られることも多々あるため、その職場で長く働き続けたいのであれば、積極的に食事に行くなどするべきです。

 

 仕事以外の話も積極的にすることを心がけてください。心を開けば開くほど、相手もオープンな態度で付き合ってくれるもの。それが職場での働きやすさに繋がるのは言うまでもありません。

 

 

 

<まとめて読んでほしい記事>

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト