学歴と経験がネック?中卒の就職活動にかかる期間とは

学歴と経験から見れば4か月は必要かも

日本よりも学歴社会の国はいくつもありますが、日本もそれなりに学歴社会であることには違いありません。どんな学校を出ているのかが、その後の人生、もっと言えば就職段階で大きな影響を及ぼすことになるのです。

 

中卒というのは、日本においては義務教育を終えただけ、つまり最低限の学歴を持っているということになるため、就職するための武器には到底なりません。社会に出て働く経験というのもまずしていないと思いますから、ここにも武器を見つけることは困難でしょう。

 

そんな人が就職を目指そうとすれば、短期間では決まらないはず。最低でも4か月以上は必要になるのではないでしょうか。もし3か月以内に決まるようなことがあれば奇跡に近い。自分のこともまだわからないような状態で、そんなにすぐに将来を決めるような就職活動という大仕事をこなすのは容易ではありません。

 

4か月や5か月、あるいは6か月くらいかかってしまうのは当たり前だと思っておきましょう。そう考えながらじっくりと就職活動に取り組むことです。時間は貴重なものですが、将来の方がもっと大切。就職活動期間に気を配るあまり、適当な就活にならないように気をつけてください。

 

 

学歴と経験を自覚することから

もし就職活動期間にこだわりたいなら、学歴と経験を自覚しなければなりません。酷な言い方ですが、“自分には何もない”と自覚しておきましょう。

 

そうすると、就職できる先が非常に限られていることがわかってきます。普通の求人媒体ではまず職は見つからないでしょう。応募資格すら満たしていない可能性が高いからです。ハローワークを訪ねて相談したり、誰かのツテを利用したりすることの方が、確実に就職先を探すことができるはず。あらゆる手段を試みて仕事を探しましょう。

 

学歴と経験を自覚し、「もう仕事は選んでいられない」と割り切ることができれば、案外簡単に就職できたりするものです。そこまで気持ちを持っていければ、1か月という短期間での就職も夢ではありません。

 

学歴や経験に関係なく、しかしその分、体力を使うキツい仕事になるかもしれませんが、それでもよければ今は人手不足も深刻なため、さっくりと就職することができるでしょう。

 

 

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト