電話の苦手意識をなくす方法は?就職希望者がすぐにできる練習方法などを紹介します

練習は声に出して行うこと

電話が苦手な人は、電話の練習をしようと考えるでしょう。とてもいい心がけなのですが、最も重要なポイントだけは押さえながら練習しないと、その効果が得られないかもしれません。練習をする時は、必ず声に出して行ってください。

 

頭の中や心の中だけで喋っていても効果は薄いでしょう。実践で役立たせるためには声に出して練習すること、これが一番です。自分の声を録音して聞いてみるのも効果的。自分の声や話している内容が相手にどう聞こえているのかを客観的に知ることは、電話の苦手意識を克服するのに必ず役立ってくれるはずです。

 

 

口と耳を鍛えてみよう

電話の苦手意識が芽生えてしまった原因はどこにあるのでしょう。滑舌が悪いから相手にいつも聞き返される、だから電話が苦手になった、という人もいれば、相手の言っていることがよく聞こえずに何度も聞き返してしまう、だから電話が苦手になった、という人もいると思います。口と耳を鍛えることで、多くの人は電話への苦手意識をなくすことができるのではないでしょうか。

 

滑舌はトレーニング次第で改善することができますし、酷い場合には病院で治療することも可能です。耳に関しては、若い人は大きな音量で音楽等を聞かないことが大事。大音量での視聴が当たり前となると電話での聞き取りが困難になることがあります。話す能力と聞く能力を鍛えれば、もう悩むことはなくなるかもしれません。

 

 

実践はカスタマーセンターで

練習を行い、滑舌も直し、聞く力も備わってきた。そう感じたらいよいよ実践によって電話対応に慣れていきたいところですが、この実践練習にも就職前に行っておくといい方法があります。

 

カスタマーセンターやコールセンターと呼ばれるものを利用するのです。

 

これは、消費者に対して企業が設置している電話相談や問い合わせの場であり、普通の人も商品やサービスに疑問・質問・不安などがあれば利用することができます。気になる商品や利用している製品などへの問い合わせを積極的にしてみましょう。

 

いたずら電話やクレームは控えて欲しいところですが、そうでなければ就職前にあらゆる知識も増え、電話対応の練習にもなり一石二鳥。就職活動にかなり良い影響を与えることができるはずです。

 

 

 

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト