自分の市場価値を知る

知識面では期待がされない

中卒となれば当然高卒や新卒に比べると知識という面では遥かに劣ってしまいます。ということはそういう頭を使った方面の仕事では中卒では難しいと考えて下さい。

 

絶対無理とは言い切れませんがまず就職できる確率は低確率であるので、この時点でデスクワークのような事務系列は選択肢から外しておいた方がいいでしょう。

 

もしそうした仕事(デスクワークなど)を希望するのであれば、それに見合った資格の取得を考えた方がいいかもしれません。資格を取得するだけでも自分の価値は上がります。
そうしたことをコツコツと行い市場価値を上げてから就職活動を本格化させる、そんな道も特に若い人にはあると思っておきましょう。

 

 

狙うのなら技術系を

その反面技術を必要とする仕事だと一定の市場価値があります。というのも単純に考えれば中卒ということはその分若い頃から経験と技術を積んで成長していくことが可能だからということです。

 

何より人間というのは若い頃の方が物覚えがよいということもあり、覚えるという面でも有利なことが多いのです。

 

体力面ではまだ子供であるので厳しいところがあるかもしれませんが、それも若いからこそまだ成長の見込みがあるということもあります。

 

もちろん一言で技術系統といっても、全てが中卒に市場価値を見出しているわけではありません。どちらかというと力や体力を使う仕事が市場価値としてあることが多いので、その辺りを考えた方がいいでしょう。

 

力と体力に自信がない場合には、そこまで大きく力と体力を問わない仕事も存在するので、そちらを調べていくといいでしょう。

 

 

応募前に市場価値を知りたいなら

自分の市場価値がどのくらいか、それを知るためには幾つかの方法が考えられます。

 

≫ネット上にある「市場価値診断」や「適職診断テスト」などを利用
この方法はお金もかけずにすぐにできるので、トライしてみてもいいかもしれません。中卒用はなかなか見つけられないものの、例えば転職者用でも使ってみれば自分の市場価値や適職といったものはなんとなく見えてくると思います。

 

≫転職・就職エージェントへの登録
中卒の就職希望者にとっては少しハードルが高いかもしれませんが、正しい市場価値を知るためには専門家の意見を聞くのが一番です。そのためにはこのようなエージェントに所属しているキャリアコンサルタントの存在は欠かせません。
勇気を持って相談してみてはどうでしょうか。仕事を紹介してもらえるかどうかは関係なく、市場価値を知るための利用でも問題はないのですから。

 

≫転職・就職サイトのスカウト機能の活用
エージェントに相談するのに抵抗があるなら、このスカウト機能がオススメ。自らの学歴等を登録することで、どのような企業からオファーがもらえるのかを試すことができます。
これによって自分の市場価値を知ることができ、応募先決定にも随分と役立てることができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト