就職活動をするための計画の立て方とは

どうやって情報を集めるか

中卒となればまだまだどのような仕事があるかも理解していないということが多いでしょう。仕事によってどのような資格や技術が必要かも変わってきます。
特に中卒となると技術関係の仕事に就く人が多い傾向があります。そうした職に就く予定の人は、尚更それを知っておく必要が出てくるでしょう。

 

更には中卒では学校側の援助もそこまで大きくは期待できないので、基本的には自分の力で求人を探さなければいけません。

 

そういうことからして中卒で計画を考えるのなら、まずはどうやって情報を集めるかということを計画の1つとして考える必要が出てきます。

 

まずは求人サイトを利用してみましょう。情報を集めるのに最も適している媒体がこれです。多くの求人サイトをくまなくチェックしていけば、必ず自分でも応募できる企業を発見することができます。

 

 

活動計画立案に必要な就職の流れ

そもそも、就職活動の流れを知っていなければ計画なんて立てらられるわけがありません。この流れを頭に入れながら、自分なりの活動計画を立てていきましょう。

 

まずは自己分析を行ってください。これは、自分がどのような職業に就きたいのかを考え、性格やこれまでの経験も踏まえながら目標を立てる作業です。
好きなことや嫌いなこと、得意なことや苦手なこともなども考えつつ、方向性を少しずつ定めていきましょう。

 

次に情報収集です。これは上ですでに触れていますが、求人情報とともに就職に関する情報を集める作業のこと。情報の差が就職活動の最終的な結果にも如実に表れてくると思っておきましょう。

 

求人を色々とチェックして「ここなら働いてみてもいいかもしれない」と思ったら、応募を決断してください。その時、ブラック企業ではないかなどをしっかりとチェックすることも忘れずに。いわゆる企業研究も入念に行っておきましょう。

 

応募する時に必須なのが履歴書対策。そして、面接対策です。企業研究を元に、それぞれの会社に合った履歴書対策や面接対策を講じることが求められます。
あとは応募して内定が出るのを待つばかり。

 

内定が出れば、ここで一応就職活動が終了することになります。ここまでを一つの塊として計画を立ててみましょう。

 

 

短期間での就職を目指す

中卒だと就職に不利な面が多いのですが、あまり就職活動に時間をかけすぎるとそれが更に困難なものとなります。
よって計画を立てるのならできれば早く就職できるよう短期間で計画を立てる必要があるのです。

 

もちろん資格や技術を取得するとなれば簡単にはいかず、ある程度の時間をかけなければいけません。そうなれば益々どのような資格や技術を取得するかの選択が重要となります。

 

就職活動の際には他人のアドバイスを聞くことはできますが、基本的には全て自分で考えて動いていかなければいけません。そのため自分から動くことを習慣的にしておきましょう。

 

 

 

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト