中卒でも社員登用を活用すれば道はある!

中卒でも社員登用を活用すれば道はある!

社員登用制度とは?

 求人などを見ると、「社員登用制度あり」と言った文字を見る事があります。

 

 この社員登用制度とは、初めはパートやアルバイトとして働きながら正社員になるための査定や試験を受け、合格すると社員として働く事が出来るようになる制度の事です。
試験などに加えて、仕事の出来や適性検査の結果などを元に判断します。
 つまり学歴が中卒であっても、あなたの頑張りや人柄次第では正社員として雇ってもらえる可能性があるということです。始めから正社員を狙って面接にいくよりもずっとハードルが下がります。
まずは仕事の出来や人間性で認めてもらえるように一生懸命努力するようにしましょう。

 

 

 

社員登用されやすいバイト・業種とはどんなものがある?

 誰もが社員として働きたいと願うものです。
中卒でも社員登用されやすいバイト・業種を選ぶ事が社員への近道です。
これから、幾つか例を挙げてみます。

 

 

≪飲食関係≫

 社員登用制度が付いているバイトで多いのが飲食関係です。
ケーキ屋・ホテルのレストラン・お寿司屋など、非常に身近にある職種です。

 

 まずは下積みが必要なので、雑用を任される事が多いでしょう。徐々に接客や、または調理のスキルを教えこまれるのが定番の流れです。
そうした中で経験を積み、能力を認められたならば、中卒であっても社員登用される道が開かれます。

 

 

≪介護関係≫

 今は高齢化社会。これから先、介護の仕事は最も必要とされる業種です。
体力と配慮が求められる仕事なので、人の入れ替わりが早い面があります。

 

 そんな特徴から、介護業界は長く働いてくれる人材を求めているので社員登用制度を設けている所がほとんどです。
学歴よりも人柄や資格、忍耐力が重要視される業種なので、働きながら資格を取得するのが正社員への近道でしょう。
中卒の社員登用が多いのも介護の特徴です。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト