面接で言わない方が良い趣味はなんですか?


 面接では趣味を聞かれる事もありますが、仕事とは直接関係の無いものが殆どですので、評価の高い趣味とか低い趣味という基準はありません。ですので、言わない方が良いと断言するような趣味はないでしょう。

 

 それでも、受ける方としては採用担当者に好印象を持ってもらいたいわけですから迂闊な答えはできないですね。

 

 昔から、面接ではギャンブルの話題は避けるべきと言われています。世間一般のギャンブルに対するイメージは良いとは言えませんし、人生経験になるかも知れませんが、概ねプラスになる事が少ないと考えられるものを趣味としている事が評価されるとも思えません。

 

 採用担当経験者のひとつの意見として、ギャンブルが悪いとは言わないが、多くの場合趣味としてアピールする価値は無いだろうというものがあります。その程度なら良いですが、業種や職種によっては致命傷にもなり得ます。お金を扱う仕事ですね。

 

 ギャンブルが趣味だというだけでは、その人が会社の金に手を付けるという根拠にはなりません。しかし、ギャンブルがもとで起こる事件も少なくないわけです。

 

 もっともも、ギャンブルを扱う仕事の場合は、一転して事情が異なって来ます。このように、同じ趣味でも就職または転職の面接で言わない方が良い趣味かどうかは応募する業種職種によって違ってきます。その辺りは、あまり神経質になるよりも、取り敢えずは無難にまとまれば可とするべきではないでしょうか。

 

 


トップページ 中卒者の就職成功までの5つの手順 おすすめ就職サイト